あなたの火災保険は大丈夫?知らないと損をする火災保険の基礎知識

隣家からのもらい火の場合は隣家に賠償してもらえないの?

隣家からのもらい火の場合は隣家に賠償してもらえないの?

失火の原因が隣家の「重大な過失」でない限り賠償請求はできません。

 

本来なら過失によって火事を起こして他人に損害を与えた場合は、「民法第709条に規定する不法行為に基づく損害賠償責任を負うことになりますが、かつての日本の家屋が木造建築が多かったため、類焼の危険があり、自分の建物を焼失した失火者自身も損害を受けており、賠償責任を負わせるにはあまりにも酷であるという考え方から、「失火責任法」が定められ、失火者の責任が緩和されています。

 

 

この法律により、失火によって他人の家が延焼した場合であっても、失火者に「重大な過失」が無い限りは賠償責任を負わせないことになっています。
ですので、家が火事になった場合は、失火元であろうがもらい火であろうがそれぞれが契約している火災保険で損害を補償することになります。

 

こういったこともありますので、火災保険は各自で契約しておく必要があります。

 

 

重大な過失

  • 台所のガスコンロに「天ぷら油の入った鍋を加熱中、その場を離れて出火させた場合
  • たばこの吸殻が完全に消えたことを確認せず、その吸い殻を紙類が入ったビニール製ごみ袋に入れて放置したまま外出し、出火した場合
  • 漏電の可能性があり回線の指摘を受けたが修理をせずにしたところ漏電により出火した場合
  • 漏電に可能性があり不在時の回線遮断の指摘を受けていたが、、指摘を聞き間違えて不在時には別の回線を遮断していたところ、漏電により出火した場合

 

賃貸住宅の場合の注意点

 

賃貸住宅の場合、賃借人(入居者)は賃貸人(家主)と賃貸契約を締結していますが、退去時には現状を回復して返還する義務を負っているのが一般的です。もし賃借人が失火を起こしてしまった場合は、賃貸者(入居者)は、賃貸者(家主)に対して、債務不履行に基づく損害賠償責任を負うことになります。

 

こ失火責任法で損害賠償義務を免れるのは民法第709条不法行為責任についてのみであるためです。
ですので、賃貸住宅に入居した時に火災保険に必ず契約し、借家人賠償責任補償を特約として付加しておく必要があります。

 

災害があってからでは遅すぎます!今すぐ見直しを!