あなたの火災保険は大丈夫?知らないと損をする火災保険の基礎知識

どんな補償が必要なのか範囲を決める

火災保険は、火災が原因のときのみ補償される保険ではありません
火災だけでなく、落雷や破裂、爆発などで家が損壊したといった損害も補償対象になっています。

 

また、例年増え続けている台風による風災や水災、落雷、竜巻、雪災、雹災などの
自然災害も補償対象になります

 

 

それに日常生活のリスクである盗難や給排水施設が壊れた時の水漏れ、物体の落下や飛来、衝突、騒じょう(暴力・破壊行為)、突発的な事故による破損や汚損までも補償の対象とすることができます。

 

火災保険で補償されるのは次のようなときです。

火災・落雷・爆発・破裂
火災保険の基本的な補償です。最近増えているのが、落雷による影響で家電製品(パソコンなど)が故障する損害です。また、ガス爆発などで建物や家財に損害を被った時にも補償があります。出火原因で多いのが、放火や失火、もらい火ですが、これも補償の対象となります。

 

風災・ひょう災害・雪災
最近非常に大きな台風が上陸することが増えており、リスクの高い災害です。台風で屋根が飛ばされたり、ひょうにより屋根が壊れたり窓が割れたり、大雪で建物と家財が壊れたりする自然災害に対しても補償があります。

 

水災
私たちの住まいには川がたくさんありますが、ここのところ都市型の水害が増えており、リスクの高い災害のひとつです。水災は大雨や河川の氾濫による床上浸水、集中豪雨による土砂崩れにより家が流された(建物)、床上浸水で家財が濡れて使えなくなった(家財)場合などに補償されます。

 

物体に落下・飛来・衝突
車両が飛び込んできて塀が壊れた(建物)、石が飛んできてガラスが割れた(建物)、看板が落ちてきて屋根が壊れた(建物)などが補償対象となります。

 

水ぬれ
給排水管が壊れて室内や家財が水浸しになったとか、上階からの水漏れで天井や床の貼り替えをしないといけなくなった(建物)などの損害です。自分の不注意でお風呂の水を階下に水を漏らしてしまった場合は、対象外になります。こういった他人に損害を与えたときの補償は、個人賠償責任補償をセットすれば補償されます。

 

騒じょう・破壊
デモや労働争議などの集団行動による暴力破壊行為で建物に損害を受けた場合に補償されます。

 

盗難による破損・汚損
住宅侵入による窃盗は、7万1298件(警視庁の犯罪情勢平成23年「侵入窃盗の発生場所別認識件数」による)
となっており、盗難は保険金支払いも多くなっています。空き巣に入られて家財を盗まれた(家財)、泥棒にガラスを割られたり(建物)した場合の損害を補償します。

 

偶発的な事故による破損汚損
子供が家に中で遊んでいて窓ガラスを割った(建物)、家具を移動中に誤ってドアにぶつけて壊してしまった(建物)、壁にいたずら描きされた(建物)などの損害を補償します。

 

 

 

今や火災保険は、頼れる住まいの保険として必要不可欠なものとなっています。
火災保険の補償内容を以下の表にしました。
あなたに必要な補償は何なのか確認してみましょう。

 

損害リスク 補償内容 どんな時に保険金を支払われるか
火災のリスク 火災・落雷・破裂・爆発 火災、落雷、破裂、爆発などにより建物や家財が損害を受けた場合

自然災害のリスク

 

風災・雹災・雪災 風災(竜巻)、ひょう災、雪災などにより建物や家財が損害を受けた場合
水災 台風や豪雨などで洪水、高潮、土砂崩れが起こり、建物や家財が損害を受けた場合

日常的なリスク

 

 

 

 

 

 

建物外部からの物体の落下
・飛来・衝突

車が飛び込んで塀に衝突された、石ころが飛んできてガラスが割れたなど、外部からの飛来や衝突で損害を受けた場合
騒じょう・暴力・破壊 デモや労働争議などの集団行動により建物や家財が損害を受けた時
盗難 強盗や窃盗により建物や家財が損害、汚損された場合。家財が盗まれたなど一定の金額内で補償される
不測かつ突発的な事故(汚損‥破損) 偶然な事故や不注意などにより、建物や家財が損害を受けた場合
通貨・乗車券等・預貯金証書の盗難 家財を契約の場合、通貨は1事故につき1敷地ごとに20万円が限度。預貯金証書は、1事故につき1敷地内ごとに200万円または家財保険のいずれか低い金額が限度。貴金属は、1個または1組の価格が30万円を超え明記されている場合は、1事故1個につき100万円が限度。明記しなかった場合は3万円が限度。
水ぬれ 給排水管の事故、他の部屋で起きた事故によって生じた水もれなどで建物や家財が損害を受けた場合
家電製品の電気的事故 保険の対象である建物に付加された空調設備、電気設備、給排水、衛生設備、消火設備、昇降設備などについて電気的・機械的事故により生じた場合

選べる補償内容

火災・落雷・破裂・爆発①、風災・雹災・雪災②、は基本補償となっています。 水災③、水濡れ・物体の落下・飛来・衝突・騒擾・集団行動などによる破壊・盗難による破損・汚損④、偶然な事故による破損・汚損⑤は保険会社により組み合わせや選択できる範囲が異なっています。 水災③、と偶然な事故による破損・汚損⑤については、ほぼどの保険会社でも独立していて補償を選択できるようになっています。 セット補償の内容は保険会社により異なっていますので、各保険会社にご確認ください。
リスク 補償内容 番号
火災リスク 火災・落雷・破裂・爆発
自然災害リスク 風災・雹災・雪災
水災
日常生活リスク 水濡れ
物体の飛来・衝突・落下
騒じょう・集団行動による破裂
盗難・盗難による破損・汚損
偶然な事故による破損・汚損

災害があってからでは遅すぎます!今すぐ見直しを!